一般社団法人東京都不動産相続センター

  • Tel 03-6263-2445[定休日]土日祝祭日 [営業時間]9時~19時

土地活用

「固定資産税を払い続けるのもバカらしいなぁ。」「何年も空き家として放ってあるけど大丈夫かしら・・・」
不動産の有効活用について、経験豊富な専門家が資産の状況をお聞きした上で、不動産の最有効活用方法とお客様ご本人にとって最適適切なサポートを行っていきます。

料金の目安

土地活用レポート作成 50,000円(税別)~
土地活用コンサルティング 総事業費の1〜3%(要相談)
不動産の最有効活用
コンサルティング
初回相談は1時間無料

1 相続対策における土地活用のポイント

相続税の増税が決定してから遊休地等でアパート経営を行う方が多くいらっしゃいます。確かに賃貸住宅建築は相続税対策になりますが、一点忘れてはならないポイントがあります。それは、収益性です。どんなに評価減が図れたとしても、収益性が低ければ途中で負債を返済出来なくなる可能性があります。中長期的に問題ない賃貸経営が可能かどうか。一括借り上げのデメリットも取り上げられることがありますが、その点は十分注意する必要があります。

2 現状維持も提案の一つ

先ほど、賃貸住宅建築が相続税対策になると述べました。しかし、そもそも建築するにあたり、比較することはとても重要です。もしかすると何もしない方がリスクが低いかもしれません。かかる固定資産税、その他費用を鑑みセカンドオピニオン(第三者の意見)も聞きながら精査する必要があることも忘れないで下さい。

3 タイプ別 土地活用

土地活用には様々なプランがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、比較検討が必要です。

賃貸戸建
アパートに比べコストがかからないものの賃料も一世帯分のため、収益性はそれほど高くありません。戸数次第では、遺産分割対策にもなります。

アパート・マンション・シェアハウス等
このセグメントは、メーカーさんにより多種多様な商品構成があります。建築士に依頼するケースも増えてきています。十分比較検討することをおすすめ致します。

駐車場
遊休地でコストをかけたくない場合は、駐車場運営はいかがでしょうか。駐車場運営会社に運営委託することも可能です。

高齢者施設
最近増えているセグメントです。高齢者施設も、老人ホームからデイサービスと幅広い施設があります。複合型もあり、メーカーにより得意・不得意もあります。運営会社の選定もポイントになり注意が必要です。

商業施設、物流施設
ロードサイドは飲食店や物販、郊外や高速道路のインターチェンジそばの大きな土地であれば物流施設での活用も面白いかもしれません。テナントにより10年以上の長期契約もあり、安定的な運営が期待出来ます。

Copyright(C) 一般社団法人東京都不動産相続センター ALL Rights Reserved.